本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

バイオ燃料とバイオマテリアル関連記事

バイオ燃料とバイオマテリアル関連記事

8 / 8 件
  • 2018年8月17日

    Sunilaによるリグニンの有効活用

    Stora Ensoの Sunila工場では、バルメットの LignoBoostTM技術を利用してクラフトリグニンを生産している。2018年には乾燥リグニン製品(製品名:LineoTM)の商業生産を開始し、化石燃料の代替原料として期待が高まる。

  • 2018年8月17日

    改良されたリグニン - LignoBoostによる新しいリグニン品質

    バルメットの LignoBoostプロセスはさらに発展している。今日、様々な品質のリグニンを抽出することが可能となる新しいコンセプトが開発された。これにより、クラフトパルプ工場にとって、製品の拡充ならびに新しいビジネスへの参画が可能となる。

  • 2018年7月27日

    セルロース系エタノール生産における難題に挑む

    セルロース系エタノール生産プロセスにおいてもっとも重要でチャレンジングな領域のひとつが前処理である。バイオリファイナリーの前加水分解として利用されるバルメットの BioTracシステムは、エタノールの品質と生産量の双方に貢献する。

  • 2017年10月24日

    発電所における石炭の代替燃料 - ブラックペレット

    蒸気爆砕で得たブラックペレットは、従来の“ホワイト”バイオマスペレットに比べより安全で費用効率の高い再生可能なバイオマス燃料であり、さらにより多くのエネルギーを注ぎ込む。バルメットのブラックペレットプラントは統合CHPプラントを具備しており、バイオマスの送り込みからブラックペレットの送り出しまでを含む生産設備である。また、バルメットは既存のホワイトペレットプラントの改造も提案する。

  • 2016年12月8日

    Valmet Customer Daysに35ヶ国からお客様が参加

    2016年10月、Stockholmに200名以上のバルメットのお客様がお集まりくださいました。このイベントでは、長期契約の成果、サステナビリティ、エネルギーおよび紙パルプのイノベーション、そしてインダストリアル・インターネットやShared Journey Forwardのメリットについて焦点がおかれました。

  • 2015年11月3日

    バルメットのブラックペレットプラントの導入 - 新しく、持続可能な収益源

    発電事業所において、化石燃料に取って変え得るのは主にブラックペレットである。ブラックペレットは、より安全で、コスト競争力があり、従来のホワイトペレットと比較してより多くのエネルギーを輸送することができる。従来の化石燃料と比べ、炭酸ガス排出量の削減は劇的である。バルメットは原料の供給からバイオマス燃料としての製品に至る一貫したプラントを納入することが可能である。

  • 2015年3月3日

    BioTrac - 化石燃料に依存しない未来へ

    製造工程で化石燃料を使用している工場では今日、再生可能エネルギーの利用を模索している。それら工場の最終目標はカーボンニュートラルあるいは炭酸ガス排出量の削減である。バルメットは非木材繊維を処理する最適な機器とそれらに対する多くの経験を有している。

  • 2014年1月27日

    バイオマス変換技術はバイオマスから多大な価値を創生

    バイオベース経済は、持続可能な未来を創り出す方法と見なされている。さらに、その経済圏は数多くある世界の課題に応えるだけでなく、様々な産業部門にまたがる企業に新たな収益源を提供することもできるのである。紙・パルプ産業の発展の次なるステップであるバイオマス変換技術を歓迎しようではないか。

バイオ燃料とバイオマテリアル関連記事

8 / 8 件