お客様納入1000反目にあたるバルメット製 BlackBelt、シュープレス用ベルトは、Palm社 6号機において優れた性能を発揮

ドイツ Papierfabrik Palm社 Wörth工場の PM6 とそのクルー

「絶対にその答えはイエスです。」ドイツ Papierfabrik Palm GmbH & Co. KG社、Wörth工場の工場長である JürgenKosse氏は、BlackBelt が設定された目標を達成するか否か、との質問に対して全くゆるぎない確信を持って答えた。「第一に、BlackBeltは優れた性能を発揮してくれました。その様々な特性は、安定した抄紙機のスムーズな走行に貢献してくれました。ベルトの性能は最初から最後まで一貫して安定しており、プレス部の性能を一気に向上させました。」と同氏は述べる。

Gosse   BlackBelt の性能のハイライトとして、優れた素材を使用し製作することにより長寿命と高い脱水性能を発揮した、と述べる Palm社 Wörth 工場長 Jürgen Kosse氏

 

2013年7月に、同工場は1番プレスと2番プレスに BalckBelt を掛け入れた。1番プレスに導入された BlackBelt はバルメットから納入された1000反目の記念すべきベルトであったが、それは2013年7月から2014年1月までほぼ200日走行し、同ポジションにおける走行日数の記録を大幅に塗り替えた。また、2番プレスは2013年7月から10月まで走行した。「それら BlackBelt が走行中の抄紙機の性能は非常に良好で、我々は、ニップの前後において完璧な脱水プロファイルを得ることが出来ました。また、プレス後のドライネスレベルは向上し、水分プロファイルが非常に良好でした。」と Kosse氏は述べている。

Kosse氏は BlackBelt の性能のハイライトとして、優れた素材を使用し製作することにより、長寿命と高い脱水性能を発揮したと述べている。「ニップ領域での脱水プロセスは完璧に見えます。また、良いシュープレス用ベルトの重要な性質のひとつとして、剛性と硬さを上げています。」

チームワークによる高いベルトのパフォーマンスの実現

紙の生産者として、Palm社は、お客様に優れた品質の製品と信頼性の高いサービスを提供するために、最新の技術革新を活用したいと考えている。同社の唱える協力と成功のための原則は、その開らかれた社風と誠実さにある。顧客として、同社は、サプライヤーとの同じ原則を共有している。

「私達は抄紙用具/シュープレスベルトサプライヤーとの良好なコミュニケーションを期待しています。そこから製品の着実な進歩と、顧客の為の研究開発が、顧客に利益をもたらすと。」 Kosse氏は続ける。同工場ではトラブルシューティングや、あらゆる問題に対する満足いく解決策を見つけるための協力関係を高く評価している。また、緊急時に迅速に対応できる協力関係も高く評価している。

BlackBelt

マシン内部に接近する1000反目のBlackBelt シュープレスベルト

「我々はバルメットが研究開発においても最適なパートナーだと思っています。我々は、どんな状況でも完全なサポートを受けており、また私たちの願いと要求は常に考慮されています。我々の良好な関係は、共に仕事をするという我々の原則に沿ったものです。」

Kosse氏によると抄紙の担当者とサプライヤーとの関係は非常に重要である。「両者はベルトに関わる互いの経験を共有する必要があります。抄紙の担当者は、ベルトが日々の過程でどのように機能しているかをサプライヤーに伝える必要があり、サプライヤーは、改善のアイデアを提供し、他のマシンにベルトの性能の評価を提供する必要があります。このチームワークにより、より良い解決策を見つけることが可能となります。」

プロセス全体を最適化するための明確な計画

6号機が稼動して以来、パーム社とバルメット間の協力関係は緊密であり、同工場は将来を楽観的に見据えている。「我々はウェットエンドからワインダに至るまでプロセスを最適化し、6号機の生産能力を上げることを目標としています。」と工場長は更に続ける。2014年度に6号機のプレスセクションとシュープレスに関する明確な計画がある。計画の中には、さまざまなフェルトを使用し、スチームボックスの能力を改善し、完璧な品質と優れたパフォーマンスのためにプレス後のプロファイルをより向上させること、また、ドライネスレベルの向上と1番プレスと2番プレスでの搾水バランスを最適化することを目指している。

BlackBelt の性能に満足している一方で、更なるにベルトの今後の発展に期待している。「我々は走行日数の更なる延長を期待しています。一方では、安定した、トラブルフリーのベルトの性能を必要としています。我々は、ニップでの脱水プロセスを最適化する必要があり、多分、新素材に関して研究を実施する予定です。」と Kosse氏は述べている。「他のポイントは、エネルギー消費量にあります。プレス後のドライネスレベルを更に増加させることが可能である場合、蒸気消費量を削減する事が可能となります。バルメットと一緒に働くことで、我々は解決策を見つけることができ、今後もこの関係を更に深くし、目標に向かって共同で働く事になるでしょう。」

BlackBelt シュープレスベルト

  • 寸法の安定性に優れた合成補強糸と高機能エラストマー素材を使用
  • すべてのシュープレスでの要求を満たすために、それらに見合うグルーブ仕様と補強糸構造のラインアップを取り揃えている
  • 耐摩耗性、耐薬品性、耐熱性に優れ、トラブルフリーでの長期走行を約束
  • 数多の要求の厳しいシュープレスにおける優れた走行結果が実証済み

 

Papierfabrik Palm社は、ヨーロッパ製紙業界における有数の企業のひとつである。 1872年に設立され、新聞用紙や段ボール原紙の生産を専門としている。Palm社 Wörth工場6号機はバルメットが2002年に供給した。古紙(OCC)を原料とし、年間段ボール原紙65万トンの生産能力がある。これまでに3度世界抄速記録を更新した実績があり、世界で最も効率的な抄紙機のひとつである。