Lee & Man社 PM 15のドライヤー改造後: 走行性が改善し通紙時間が短縮された

ドライヤー群の4群と5群をダブルカンバスからシングルカンバスへの転換したことにより、Lee & Man社は、PM 15の走行性を改善し、通紙時間の短縮することができた。

Lee & Man Paper社は、中国のリーディングカンパニーに位置付けられる会社である。Dongguan Hongmei工場にある PM 15はバルメットが納入した板紙マシンで、2011年に稼働した。元々は、ベトナムのグループ会社に坪量範囲: 120~250 g/m2のクラフトライナー用として建設しようとしたマシンだった。しかしながら、2010年にその計画が変更され、最終的には同じグループの中国の Hongmeiに PM 15 として低坪量品: 100~140 g/m2を生産するマシンとして建設された。

Lee & Man社は、包装用紙市場に挑戦するため 100 g/m2以下の紙を生産することでスタートした。しかし、残念ながら試験運転では紙の走行性が悪く、断紙回数も多い結果となってしまった。そこで、ドライヤーセクションを改善すべきと思い、その改善をバルメットに任せた。

その改造の目標は生産効率を向上させ、100 g/m2以下の低坪量の中芯紙やライナーを生産し、かつ断紙回数を減少させ、計画外停止を無くすことであった。

アップグレードと改造と新設

バルメットは、4群と5群のダブルカンバスのドライヤーをシングルカンバスに変換した。バルメットは走行性を改善させるため、機上にてグルーブ加工や穴明けを実施し、真空ロールである VacRoll にアップグレードさせた。また、ロール配置と駆動装置を最適化させ、更に SymRun ブローボックスやポケットベンチレータも設置した。

1群、2群と3群のドライヤーは、汚れを防止し、シート走行を安定させるため、既設の SymRun ブローボックスをアップグレードさせると共に SingleForce Plus にて通紙を改善させ、更に画期的な LiteCompact ドクターブレードホルダーを設置した。バルメットの供給範囲には、据付工事および据付指導、試運転指導も含まれている。

すべての目的は達成された

2013年4月、PM 15は10日間のシャットダウンの後、成功裏にスタートした。PM 15の製造課長である Li Guofu氏によると、改造後の早い時期に70~90 g/m2の中芯紙を生産することができ、更に改造前より操業効率が約 3%向上した。 断紙回数も 60%減少し、計画外停止時間も 30%減少した。

 「このマシンは、抄速1,000 m/min.で70~90 g/m2の中芯紙を生産し、断紙回数はわずか 10回だけでした。 また、我々のこの改造の目標であった走行性改善と通紙時間の短縮化は、完全に達成することができました。 我々は正しい決断であったことに非常に満足しています。」 とLi Guofu氏は述べた。

SymRun のアップグレードは魅力的な省エネをもたらす

「Lee & Man社は中国の紙板紙市場でのリーダーカンパニーであるので、我々は CO2 削減の重要な責任を負っています。」 と Lee & Man社のプロジェクト部のシニアマネージャー、Chen Liming氏は指摘する。

技術的な検討を進める際、Lee & Man社とバルメットは、エアシステムを含むドライヤセクションにおける電力原単位の削減について、共通認識として持っていた。「我々はこれまでプロジェクトのキックオフミーティング以降、エネルギー消費に多くの注意を払ってきました。その結果、SymRun ブローボックスのアップグレードにより、真空レベルは改善しながら、供給ファンの動力が約 30%減少しました。これはすべてバルメットの技術のお蔭で可能となったのです。」 と Chen Liming氏は説明している。

PM15 プロダクションマネージャー、
Li Guofu氏:
ドライヤー群の4群と5群をダブルカンバスからシングルカンバスへの転換を経て、Lee & Man社は PM 15の休転時間を短縮することができました。             

  

Lee & Man 社 プロジェクト部シニアマネージャー、Chen Liming氏(左)とバルメット 中国の工場改善チーム Zhang Yanchuan取締役がプロジェクトの成功に握手

 

PM 15の先に明るい未来

ドライヤーセクションの改造以降、PM 15に明るい未来が見えてきた。「我々は今、Lee & Man社が市場に全ての坪量レンジの中芯紙を供給することができることを確信しています。」と Chen Liming氏は述べ、 「更にドライヤー群の改造後は、シュリンケージが減少し、以前より広い幅の紙が得られるようになりました。我々は今、この広くなった紙が更に販売可能な紙品種として生産できるかを検討しています。」とも述べている。