板紙抄紙機および抄紙機向けスリッタ管理

スリッタ管理は、ワインダのスリッティングセクションのメンテナンスおよびサービスのための高度なシングルソースサービスです。スリッティングプロセスの継続的な改善を実現するために、スリッティングのすべての要素をカバーしています。各プログラムは、特定の工場のニーズに合わせて設定されています。

巻取りおよびスリッティングプロセスの操業性問題に対する関心の高まりから、ワインダの操業性に対してプロセス部品の性能が実質上重要であるとの認識もかなり深まっています。特定の部品の大きな改良により、改善できる可能性が大きくなりました。

ワインダのスリッティングセクションでは、機械設定のそれぞれが、ブレード摩耗、ダスト発生、切断品質および納入ロール品質に影響を及ぼします。

高性能なスリッティング装置以外にも、良好な操業性とスリッティング性能には高品質のボトムバンドと超仕上粉末治金鋼製トップブレードも必要です。これらすべてを確保する最も簡単な方法は、バルメットのスリッタ管理サービスを導入していただくことです。


スリッタ管理を使用することにより、ワインダのメンテナンスコストが大幅に削減され、スリッタブレードの寿命やブレードの交換間隔が延長され、スリッタのパフォーマンスが向上します。より効果的なワインダ操作により、ライン全体の生産性が向上します。お客様のワインダのロール品質と生産性を向上させるために必要なトレーニングやリソースを提供します。

 

スリッタ管理についての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。