本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

スリッタ管理

SlitterManagement for optimizing the slitting process

スリッティングプロセスの最適化

巻取りおよびスリッティングプロセスの操業性問題に対する関心の高まりから、ワインダの操業性に対してプロセス部品の性能が実質上重要であるとの認識もかなり深まっています。特定の部品の大きな改良により、改善できる可能性が大きくなりました。

ワインダのスリッティングセクションでは、機械設定のそれぞれが、ブレード摩耗、ダスト発生、切断品質および納入ロール品質に影響を及ぼします。

高性能なスリッティング装置以外にも、良好な操業性とスリッティング性能には高品質のボトムバンドと超仕上粉末治金鋼製トップブレードも必要です。これらすべてを確保する最も簡単な方法は、バルメットのスリッタ管理サービスを導入していただくことです。

スリッタ管理では、優れたブレード材質からオペレータのスキル向上まで、スリッティング性能に影響するあらゆる要素を管理します。最適な切断性能を維持することにより、ワインダ稼働率が向上し、ダウンタイムが短縮され、保守コストの節減になります。

スリッタ管理についての詳細はバルメット グローバルサイト(英文)をご覧ください。