本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

ウォーターマネジメント

ウォーターマネージメントとは、原材料、エネルギー、および清水を含めた、天然資源の消費を抑制することです。清水は、今日の製紙パルプ工場にとって、おそらく最も重要な資源です。清水の消費量を抑えることで、製紙工場は、量的にも質的にも環境負荷に良い影響を与えることができます。例えば、不必要な薬品使用に起因する水系への有毒物排出を減らすことや、清水の加熱による二酸化炭素放出を減らすことで、全体的なエネルギー消費量を抑制できます。これは、廃水と固形廃棄物量を減らすことにもつながります。清水の消費量と原材料の使用量を最適化することで、製紙工場は、ますます厳しくなる環境規制にうまく対処することができます。

プロセスという観点から、少ない清水消費量ですぐれた走行性を確保するには、適切なウォーターマネージメントが求められます。効率的なウォーターマネージメントを行えば、製紙パルプ工場は大幅な節約を実現でき、その全体効率を改善することができます。

より良い水利用のための包括的ソリューション

バルメットの包括的ウォーター・マネージメント・ソリューションは、プロセスの最適化、プロセスの評価と実現可能性の調査、そして様々なグレードの紙生産における清水の消費量削減コンセプトを網羅しています。私たちはまた、Valmet Ultrafilter CR*(= 交差回転)ウルトラフィルタレーション技術に基づく、先進の水処理プロセスを提供します。

What if fresh water consumption could be reduced by 1,500 m3 per day?

 

*旧製品名 OptiFilter CR
**旧製品名 OptiCycle W
***旧製品名 OptiCycle C