本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

材料効率

生産コストの削減

材料効率は持続可能性のある開発の一部であり、自然資源がますます不足している現在、この考えは以前にも増して重要になっています。材料効率には、製造プロセスで使用する原材料の最小化、最も経済的な原材料の選択、そして未利用材量を最小限に抑えるための廃棄物の削減とリサイクルが含まれます。

材料効率がなぜそれほど重要なのでしょうか? それは、原材料コストが操業コストの約 50%を占める紙パルプ工場にとって、材料効率は主要なコスト要因であるためです。また、廃棄物とその関連コストを最小限に抑えることで、利益向上のチャンスが生まれます。廃棄物とリサイクル廃棄物量を最小化することで、生産企業は世界的な取決めや環境保護の目標を達成することができ、持続可能な社会の構築に貢献します。

最小限の使用、最大の寿命

バルメットの材料効率ソリューションは、高価な原材料の使用を最小限に抑え(プレスやドライヤセクション、カレンダのバルクセービングソリューションなど)、薬品量を削減する(例: OptiCell フローテーションユニット)ことで、紙パルプ工場の原材料コストの節約を支援します。

設計の最適化を通じて消耗品(AttackBar、NimCat スクリーンバスケット、FlexSeal、またはコーターブレードなど)の寿命を最大限に延ばし、再調整した機器(リファイナーの再調整、リファイナー交換プログラムなど)を再使用することで、機器コストの削減を支援します。ドクターブレードやロッドベッドなどの消耗品のリサイクルによっても、コスト削減を実現できます。

私たちの新たなモジュラーマシンコンセプトである OptiConcept M は、材料全般の使用を最適化することで据付コストと必要スペースを削減でき、さらにエネルギーと原材料の節約がいかに可能であるかを示しています。こ のように、最適化されたコンパクトな抄紙機設計により、フレーム重量を減らし、環境に与えるマシンの影響を大幅に抑制できます。