本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

エネルギー高効率化

エネルギーコストを低くする方法

よりエネルギー効率にすぐれ、汚染の少ない技術へのシフトは必須です。高いエネルギー効率は、特に今日のようにエネルギー価格が上昇している状況では、コ スト削減と利益拡大のための有効な方法です。製紙産業において、エネルギーコストは、操業コスト全体の約 30%に達します。製紙工場は、二酸化炭素排出を 厳しい環境規制に適合させるために、エネルギー効率を改善する必要があります。エネルギー消費を抑えることで、会社の利益が高まるだけでなく、環境保護にもつながり、ひいてはより持続可能な未来を期待できます。

エネルギー効率を高める様々な方法

バルメットは、紙板紙メーカーがエネルギー効率を改善し、ライフサイクル・エネルギーコストを最小限に抑えるため様々な手段を有しています。各コンポーネントがエネルギー効率にすぐれていても、それらすべてが同時に作用しない限り、エネルギー効率にすぐれた抄紙機を作ることはできません。バルメットは、製紙技術や機器から、補助的なプロセスおよびオートメーションに至るまで、必要とされる様々なソリューションを用意しています。当社は、機械の必要条件や特徴を理解し、様々な運転条件下で、エネルギー効率にすぐれた方法で機械を制御することができます。

バルメットのエネルギー高効率化ソリューションは、製紙および板紙工場を網羅しています:

Energy saving steps

                                       省エネへのステップ

 

記事

リファイニング工程の更新による信頼性の向上

リファイニング工程の更新による信頼性の向上

Savon Selluでのリファイニング工程更新の結果について、Tapio Laukkanenは「OptiFiner Proのユニークなリファイニング機構には利点があると信じています。さらに同一フリーネスに達するまでの消費電力が以前より 30%まで削減しています。」と話す。

SAICA Paper 産業ディレクター、Fernando Carroquino氏

SAICA Paper 産業ディレクター、Fernando Carroquino氏

SAICA Paperの産業ディレクターである Fernando Carroquino氏にコンテナボードメーカーが直面する諸課題、とりわけエネルギー効率、軽量化および持続可能性についての見解を述べていただこう。