コルゲーター損紙の削減 - 反りを 50%以上改善

コルゲーター用 Valmet IQは、水分、温度、反りの正確なオンライン測定と、信頼性の高い閉ループ制御およびモイスチャライザーを組み合わせています。独自の品質管理システム(QCS)は、繊維から完成品までのバリューチェーン全体にわたって原材料とプロセスの変動を安定させ、コルゲーターのプロセス性能とシート品質の両方を最適化します。

 

 

反りの低減、生産性

自動化された Valmet IQ Warp コントロール

シートの反りを引き起こす横方向の水分および湿度変化は、標準的なコルゲーターコントロールでは修正できません。Valmet IQ Warp 測定は、Valmet IQ Moisturizersと一緒に自動閉ループ制御(MPC)で使用され、迅速かつ余分なアクションなしで反りに対する目標を達成します。IQ Moisturizersは、コルゲーターでのあらゆる種類の反り(Sワープ、CDワープ、エッジワープ)補正および水分 CDプロファイリングを処理できます。

 

 

確実な接着と安定した品質

Valmet IQ Wet-end コントロール

さまざまな繊維ベースのウェブにおけるバルメットの実績では、温度測定だけではコルゲータープロセスを制御するのに十分ではないことを示しています。Valmet IQ Multipoint測定システムは、自動プロセス制御によって接着の最適条件に到達し、確実に接着し、反りを防ぎ、洗浄板効果を低下させるためにシングルフェーサーおよびトリプレックス予熱ラップアームに正確な水分および温度情報を提供します。

 

 

最適化された最終シートの水分

Valmet IQ Dry-end コントロール

最終シートの不均衡な水分は、加工部門での生産物と最終製品の品質に影響を与えるポストワープやクラックを引き起こし、したがってお客様での修復が必要となります。Valmet IQ 片面 IR 水分測定は、正確な水分および温度測定を可能にし、閉ループ制御を行います。IQ Warpコントロールと IQ Moisturizersと一緒に、シートの最終的な水分を最適化することができ、最終製品の品質を向上させ、プロセスをさらに安定させます。

 

 

坪量低減、最大速度

Valmet IQ full QCS

コルゲータープロセス全体の多変数は、通常オペレーターによって手動で制御されるため、毎日 24時間最適な方法でそのプロセスが実行することはありません。バルメットのモデル予測多変数 IQ Wet-end および IQ Dry-end コントロールは、オンライン品質測定、IQ Moisturizer、および既存のマシンコンポーネントを統合して、すべてのプロセス条件において常にコルゲーター速度、シート品質、現場での生産性を最大化します。

 

 

正しい情報を、いつでも

構造化された Valmet DNA User Interface

新しいウェブベースのユーザーインターフェイス Valmet DNA User Interfaceは、Valmet IQ を十分に活用することが可能です。新しく構造化された QCSユーザーインターフェイスは、オペレーターがその状況に不可欠な情報に焦点を合わせ、適切な決定を即座に行い、あらゆるデバイスでどこでも生産をフォローできるようにします。

品質をより迅速に最適化します。すべてのアプリケーションで優れたユーザーエクスペリエンスを。

 

 

繊維から最終製品までの生産性を最大化

Valmet IQ Quality Data Manager

最終製品の品質や加工ラインの性能は、既知の理由なく、同じ紙種の生産工程間で異なります。バルメット インダストリアル・インターネット(VII)アプリケーション Valmet IQ Quality Data Manager は、紙の生産とコルゲータープロセスを途切れることなく接続し、バリューチェーンを通じて即座に情報を提供します。紙の品質データは製紙工場と加工の間を行き来し、まったく新しいプロセス制御の方法を提供します。

 

 

 

 

世界初のコルゲーター用 QCSの舞台裏

 

詳細はこちら(英文) >>