オンラインによるコンディションモニタリング

Valmet DNA Machine Monitoringは、1つの共通のユーザーインターフェイスを通じて、プロセスオペレーターとメンテナンス担当者のためのコンディションモニタリング情報を提供します。

オペレーターとメンテナンスのためのリアルタイムのマシン状態の情報

わかりやすいユーザーディスプレイは、プロセスパフォーマンスを維持するために不可欠な重要な情報をオペレーターに提供し、致命的な障害が発生するまで気付かれない可能性のある問題を直ちに警告します。メンテナンス担当者が複雑な問題を分析し、故障の原因となる前に特定の障害を特定するのに役立つツールを備えた同じ画面を、メンテナンス室で表示できます。

プロセスデータと条件情報の統合による効率的な問題解決

プロセス制御およびコンディションモニタリングを Valmet DNAに完全に統合し、プロセスデータとマシン類のコンディション情報を容易に組み合わせて、効率的な分析と問題解決を行うことができます。プロセスデータをコンディションモニタリング測定に簡単にリンクできるため、原因と結果の関係がより簡単に識別され、適切なサポートスタッフに通知され、必要に応じて直ちに修正措置を講じることができます。

システム統合による費用対効果

同じオペレーターステーション、履歴データベース、およびシステムネットワークを両方のアプリケーションで使用できるため、個別のシステム間でデータリンクを構築する必要はもうありません。制御およびコンディションモニタリングアプリケーションに共有システムリソースを利用すると、必要なエンジニアリング環境は1つだけなので、システムメンテナンスも簡素化されます。

バルメットのコンディションモニタリングおよび振動分析システムは、以前は Sensodec としてバルメットにより開発されました。