バルメット全固体濃度含水率測定 - Valmet TS

Valmet Total Solids Measurement - sludge solids sensor

バルメット全固体濃度含水率測定(Valmet TS)は、マイクロ波技術に基づいて、すべての排水スラッジ処理用途(0~40%の全固形分)のための信頼性が高く正確な測定装置であり、エネルギー、ポリマーの投与量、および輸送の節約を実現します。

Valmet Total Solids Measurement 

機能

ダイジェスター供給:ダイジェスターに入るスラッジ中の全固形分含有量を高度に最適化して維持することにより、より良好なプロセス制御および大幅な節約を達成することができます。また、これは電気費用を削減し、ダイジェスターの吸入能力が高いことのより、新たな投資を延期できる可能性があります。

脱水:バルメット全固体濃度含水率測定Valmet TS)により、ポリマー投与量を最適化し、ポリマー費用を削減することができます。脱水されたスラッジおよび濃縮水の両方の品質が安定化されます。優れた脱水効率により、スラッジの輸送費用が低減され、スラッジが最終的に燃焼されるときの焼却効率を向上させます。脱水装置の運転が短時間で済むため、エネルギー消費と保守費用を削減できます。

利点

  • メンテナンス
  • 実験室分析の削減
  • シングルポイント校正
  • マイクロ波技術における長い経験とノウハウ

節約可能性を確認する

初沈浄化装置

  • より効率的な排水処理とスラッジの再循環を避ける為に
  • オンライン固形分測定によりスラッジ回収率を最適化
  • プライマリーにおけるスラッジ蓄積を削減

増粘

  • ポリマー費用の削減

ダイジェスター

  • スラッジ加熱費用の削減
  • バイオガスを増大

スラッジ脱水

  • ポリマー費用の削減
  • 脱水遠心分離機のより効率的な使用
  • 乾燥ケーキの全固形分を最適化することにより、固形物の輸送能力と焼却をより有効に活用

 

Valmet TS(全個体濃度含水率測定)の技術詳細はここをクリック

Valmet Total Solids Measurement laboratory correlation

 

排水用の優れた固形分測定ソリューション – 下の画像をクリックして、アニメーションをテストし、詳細を確認してください

Valmet wastewater treatment process

Customer success stories

バルメット製品は地下排水処理プラントをサポート

バルメット製品は地下排水処理プラントをサポート

14の地方自治体が共同所有する Kakolanmäki廃水処理場は、2009年初めからフィンランド南部の Turkuで稼働している。処理場は地下に建設されているため、地上の施設よりも一定かつ高温になっており、これは処理施設にとって明らかに優れた点である。同処理場は 30万人の人々および産業施設からの排水を処理し、バルト海に流れ込む富栄養化を大幅に減少させることができる。

バルメットの廃水ソリューションによる省エネと薬剤使用量削減

バルメットの廃水ソリューションによる省エネと薬剤使用量削減

フィンランドのTampere水道局は最近、同市 Viinikanlahti の廃水処理プラントにバルメットの汚泥濃度・含水率計とスラッジ脱水制御パッケージを複数基設置した。