詳細はこちら

より良い性能を求めてステップバイステップ

Holmem Paperは、スウェーデンのHallstavikにある同社工場のPM11およびPM12のサポートと性能向上のため、バルメットと協力関係を結んだ。「私たちは、私たちが生産を改善するために出くわすあらゆる課題を結び付けることのできる誰かが必要でした。」と生産マネージャー Per-Arne Andersson氏は語る。

より良い方法を見付けて前進

Dongil社 Wolsan工場 PM1の斬新なOptiFlo レイヤリングヘッドボックスは層間への澱粉の供給を可能にする。これは澱粉必要量の30%低減によりコスト節減しながら最終製品の強度維持を大幅に増加する。

2014年紙パルプ技術協会年次大会に出展

10月8-10日に盛岡で行われました紙パルプ年次大会に出展致しました。 弊社からはロールカバーの下にセンサーを巻き、オンラインで紙のテンションやプレスニッププロファイルが測れるiRollを紹介させて頂きました。