本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

バルメットは日本製紙株式会社から高度プロセス制御システムおよび分析装置を受注

バルメット Oyj トレードプレスリリース 2016年7月12日

バルメットは、日本製紙株式会社から追加注文となる高度プロセス制御(APC)システムおよび分析装置を受注しました。プロセス制御によるソリューションは日本製紙の三工場に納入され、各工場の晒工程とライムキルンのプロセスのために、バルメット高度プロセス制御(APC)システムとバルメットカッパアナライザーで構成されています。それらのシステムは、薬品とエネルギー消費の削減を日本製紙にもたらすだけでなく、最終製品の品質のばらつきを低減します。最新のカッパアナライザーが、日本製紙の既設のアナライザーと置き換えられます。この新しい高度プロセス制御システムとカッパアナライザーは、2016年の操業を予定しています。

また、バルメットは削減効果を長期間維持するパフォーマンスサービスを日本製紙に提供します。サービスには、専門家によるサポートやコンサルティングが含まれており、顧客との緊密な協力の下でプロセスは更に改善されていきます。

この注文は、バルメットの2016年度第一四半期の受注高に含まれています。

前回の納品からの優れた成果

この注文は、先の日本製紙 秋田工場への納入実績の優れた成果に基づいています。2015年に高度プロセス制御システムが日本製紙 秋田工場に導入され、稼動を開始しました。

「このプロジェクトの強調すべき点は、秋田工場が大幅なコスト削減を達成するまでのスピードです」と、日本製紙㈱ 秋田工場 工務部門の担当マネージャーはコメントしています。これは、高度プロセス制御システムと最新のアナライザーから成る包括的なソリューションを提供することによって達成されました。削減率はスケジュール通りに達成され、すべての目標値を明確に上回りました。

秋田工場は現在、7%のブリーチングケミカルの削減、最終的なブライトネスの標準偏差で28%減、ライムキルンでの特定エネルギーの5.5%の削減結果を出し、これらの削減率を長期的に維持し改善するためのバルメットによるパフォーマンスサービス契約を締結しております。

「当社の実績のあるオートメーション化と分析機器の技術、および国内外のエキスパートにより、私たちは具体的なメリットを提供し、お客様の運用を全く新しいレベルへと発展いたします。」と、日本のバルメットオートメーション㈱ セールスマネジャーの山本 篤は話しています。

過去12ヶ月間で過去最高のカッパアナライザーを納入

過去12ヶ月の間に、バルメットは過去最多のカッパアナライザーを受注しました。バルメットは、カッパアナライザーのグローバルマーケットでさらに主導的地位を強化し、マーケットシェアを拡大しました。

2000年代に操業を開始したすべてのグリーンフィールドパルプ工場では、バルメットのカッパアナライザーが備えられています。1992年の発売以来、バルメットは世界中のパルプ工場に430台以上のバルメットのカッパアナライザーを導入しています。今日では、世界中のすべての主要な化学パルプ生産業者はそのプロセスにこの技術を使用しています。

カッパアナライザーマーケットの動向についての詳細はバルメット グローバルサイトにてご覧ください:Valmet's kappa analyzer deliveries hit record high in the past 12 months

高度なプロセス制御と最適化システムによる実績のあるパフォーマンスソリューション

バルメットのパフォーマンスソリューションは、総合的なサービス提供の一部であり、紙パルプの生産に持続的な性能向上を提供するように設計されます。バルメットは、世界中に約320台の導入実績を持つ、高度プロセス制御(APC)のマーケットリーダーです。ソリューションシステムは、高度なプロセス制御と最適化技術とノウハウを組み合わせており、バルメットプロセス測定および分析装置を活用しています。ソリューションシステムは、一部門からラインまたは工場レベルの最適化まで拡張可能です。

詳細はプロセス最適化サービスとソリューションについてのページをご覧ください。

日本製紙株式会社について:

日本製紙グループは、紙および板紙の世界でも有数なメーカーの一つです。日本製紙株式会社 秋田工場は、日本を代表する紙、板紙およびパルプの工場です。

バルメット
コーポレートコミュニケーション

お問い合わせ先:
バルメットオートメーション㈱ セールスマネージャー 山本 篤
電話番号:03-6744-3074

 

バルメットは紙パルプおよびエネルギー産業へのテクノロジー、オートメーション、そしてサービスに従事しており、グローバルなディベロッパーとしてのリーディングカンパニーです。私たちのビジョンはお客様への貢献において、覇者(グローバルチャンピオン)になることです。

パ ルプ工場、ティッシュ、板紙・洋紙の製造ライン、そして同様にバイオエネルギーを製造する発電プラントも提供出来ることがバルメットの強みです。先進の サービスやオートメーションソリューションはお客様のプロセスの信頼性とパフォーマンスを向上させ、そして原材料やエネルギーの有効利用を強化します。

2015 年のバルメットの売り上げはおよそ29億ユーロであり、12,000人の専門家が世界中で、お客様に近い場所で展開し、そして常日頃からお客様のパフォー マンスを向上、前進させることをお約束しております。バルメットの本社はフィンランド、エスポ(Espoo)にあり Nasdaq Helsinkiに上場しております。