本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

2016年 紙パルプ技術協会年次大会に出展

バルメット株式会社・バルメットオートメーション株式会社 2016年10月19日

バルメット株式会社並びにバルメットオートメーション株式会社は、2016年10月5-7日に香川県高松市で行われました「第59回 紙パルプ年次大会」に出展致しました。

展示ブースでは、CYMIC™循環流動層(CFB)ボイラやHYBEX™バブリング流動床(BFB)ボイラ、QCS、スチームプロファイラ、各種分析計および測定機を紹介させていただきました。

   
バルメットの展示ブース

また、JFEエンジニアリング株式会社 バイオマス発電事業部 長屋 敬一様よりバルメットのCYMIC™循環流動層(CFB)ボイラによる高効率バイオイマス発電についてご講演いただき、バルメットオートメーションからは紙強度のモデリングと調成工程の最適化制御について講演致しました。

多くの方にご来場いただきありがとうございました。

バルメット株式会社
マーケティング&コミュニケーション

バルメットは紙パルプおよびエネルギー産業へのテクノロジー、オートメーション、そしてサービスに従事しており、グローバルなディベロッパーとしてのリーディングカンパニーです。私たちのビジョンはお客様への貢献において、覇者(グローバルチャンピオン)になることです。

パルプ工場、ティッシュ、板紙・洋紙の製造ライン、そして同様にバイオエネルギーを製造する発電プラントも提供出来ることがバルメットの強みです。先進の サービスやオートメーションソリューションはお客様のプロセスの信頼性とパフォーマンスを向上させ、そして原材料やエネルギーの有効利用を強化します。

2015年のバルメットの売り上げはおよそ 29億ユーロであり、12,000人の専門家が世界中で、お客様に近い場所で展開し、そして常日頃からお客様のパフォーマンスを向上、前進させることをお 約束しております。バルメットの本社はフィンランド、エスポ(Espoo)にあり Nasdaq Helsinkiに上場しております。