本ウェブサイトをご利用になる場合、クッキー(Cookie)の使用にご同意いただいたものとみなされます。 。詳細はこのリンクよりご覧いただけます。/

ビッグデータ分析を用いたさらに知的なメンテナンス

生産ラインからビッグデータを分析することによって、メンテナンスの効率を高め、利用可能性を改善し、メンテナンス費用を最適化することができる。

Vaskiluodon Voimaのバイオマスガス化装置が排出物を削減

フィンランドの Vaasaにある Vaskiluodon Voimaの発電所バイオマスガス化装置と既設の石炭ボイラーとの統合は再生可能燃料の使用量の増加を可能とした。これはコストの最適化と排出物削減に寄与している。

トレーニングによる垂直立ち上げ

スウェーデンの SCA社 Obbola工場で新しい蒸解プラントが建設された時、シミュレーターを使ったトレーニングが重要な役割を担った。このトレーニングにより、垂直立ち上げが達成された。

妥協のない省エネルギー

Hansolの Daejeon工場では PM 32板紙マシンに OptiDry Coatのエアドライヤ乾燥技術を採用して改造し、古い IRドライヤーを撤去することにより最大 45%のエネルギー節約ができた。古い IRドライヤを撤去しても安全性が向上しており、コーターステーションでのメンテナンスや洗浄時間を減少させた。

バルメットについて

バルメットは紙パルプおよびエネルギー産業へのテクノロジー、オートメーション、そしてサービスに従事しており、グローバルなディベロッパーとしてのリーディングカンパニーです。バルメットの目標はお客様への貢献において、覇者(グローバルチャンピオン)になることです。2015年のバルメットの売り上げはおよそ29億ユーロであり、12,000人の専門家が世界中で従事しています。バルメットの本社はフィンランド、エスポ(Espoo)にあり、Nasdaq Helsinkiに上場しております。